スタッフブログ

【VTuber】「cluster.」というVR空間でバーチャルYouTuberに会えるらしい

皆さんこんにちは、前回の記事で現実に打ちひしがれたアキラです。

どうやらこの現実では鳩羽つぐちゃんに会えないらしく、「現実で過ごす意味あるか?」と思っている次第。なんか、海とか見にいきたいですね。

と、そんなアンニュイな気分に浸っていると、職場の先輩からこんなLINEが。

リンクを飛んでみると、「cluster.」で独自の3DCGがアップロード可能へ…バーチャルYoutuberに”会える”という記事にたどり着きました。

え、

バーチャルYouTuberに会える?

ざっと記事を読み進めてみたところ。

現実を捨てる準備ができました。

そこで今回の記事では、「cluster.」というサービスでどんなことが出来るのかを紹介していきます。

「cluster.」の提供するVR空間について

「cluster.」のサービスとは

「cluster.」の公式サイトを見てみると、「ひきこもりを加速する」というパワーワードが。

「cluster.は家から出たくない すべての人のためのVRイベントルームです」とのこと。なるほど、家から出たくない人。

俺やん。

ということで、「cluster.」への興味がますます湧いてきました。

「cluster.」では、誰でも手軽にバーチャルルームを作れるとのことです。

アップロードされている動画を見てみると、VRルームで動画を見たりセミナーのようなものをやっていたり。

これがお手軽にできると、もしかしたらSkypeやDiscord(ボイスチャット)の空間版になるかもしれません。

バーチャル講義やバーチャルミーティングなんかも出来ちゃうかも。夢が広がりんぐですね。(古い)

このVR空間作成ツールに、バーチャルYouTuberが関わってくるとのこと。さて、一体どのように絡むのでしょうか。

「cluster.」とバーチャルYouTuber

今回話題となったのは、「cluster.」のVR空間に独自の3DCGをアップして使用できるようになったというものです。

上の動画ではモデルが四角い顔だったのに対し、上の画像ではキャラクターが表示されています。各々が3DCGのキャラを使えるようになったということですね。

「cluster.」では、この3DCGキャラのテスターのバーチャルYouTuberを募集しているようです。

応募条件として、

・「3Dモデルがあること(制作中含む)」
・「YouTubeチャンネルへの動画投稿またはライブ配信の実績」

というものがあります。つまり、「cluster.」は

バーチャルYouTuberの集まるVR空間

を目指しているようですね。

しかし、すでに個人のバーチャルYouTuberが集まる空間に、VRChatというものがあります。

VRChatとの違いはあるのでしょうか。

「cluster.」とVRChatの違い

VRChatについては、バーチャル蕎麦屋さんへの取材記事でくわしく触れました。

話を聞いたり動画を見たりすると、すでにかなりの賑わいを見せているVR空間です。

2018年2月時点で、VRChatのユーザーは300万人を突破したようです。

参照:http://panora.tokyo/52522/

このVRChatとの違いを調べてみましたが、どうやら以前はVRChatは3Dアバターを設定できたのに対し、「cluster.」は3Dアバターに対応していなかったという差が見られました。

しかし、今回「cluster.」が3DCGのアップデートに対応したことを受け、

「cluster.」とVRChatの差がなくなってきた

とも言えます。そのうえで、今回「cluster.」がバーチャルYouTuberの募集を始めたことから、

「cluster.」はバーチャルYouTuberに大注目している

と考えられます。

特に「cluster.」のバーチャルYouTuber募集ページでは、「アバターアップロードやイベント開催にかかるサポートを弊社から優先して行います」と書いています。

そのため、

公式からのサポートが絡むVTuberイベント

が、「cluster.」の華となると予測できます。

VRChatが非商業的なVR空間であるのに対し、cluster.は商業的な活動の場にもなっていくように思えますね。

「cluster.」の提供するVR空間 まとめ

今回の記事では、「cluster.」のVR空間についてご紹介しました。

VRユーザーにとって注視されるのは、特に他のVR空間ツールとの差別化だと思います。

そうした点で、あくまで予測ですが、今後VRChatとcluster.は以下のように差別化されていくと推測しています。

VRChat cluster.
非商業利用中心 商業活動の場にもなる

個々のVTuberが自身のやりたい活動に応じて、空間を使いわけるのもアリですね。

『お金2.0』という書籍では、「人はこれから複数の空間を使い分けるようになる」といったことが書かれていました。

また、『お金2.0』の著者である佐藤航陽氏が、「cluster.」について以下のようにツイートしています。

「もはや生身の人間かどうかは関係ない世界になりつつある」。

よし。

現実を捨てるか。

と思ったのですが、まだ現実でいろいろやりたいことがあるので思いとどまりました。

いつか鳩羽つぐちゃんに会えるのを夢見て、もう少し現実で頑張ってみます。

なんか僕が鳩羽つぐちゃんに固執しているヤバいやつみたいになってますが、あくまで前回の記事からの流れですからね!!

最近バタバタしてますが、ちょっと落ち着いたらVRゴーグルを買ってVR空間に飛び込んでみたいと思います。

それでは!

 

リアルイベント(オフ会)開催!

この記事を書いている人

取材やご紹介について

当サイトでは、オタクコンテンツに関わる活動をされている方の取材やご紹介をおこなっています。「取材してほしい!」「紹介してほしい!」という方は、お気軽にこちらのお問い合わせフォームからご連絡ください!

ビットコインの投げ銭はこちら

ビットコインアドレス:1ngqyCCXBojMNgsrzJK63CkiViiC1PA3y

頂いたビットコインはサイトコンテンツの拡充・向上に使わせていただきます。
お気持ち程度でも頂けましたら大変ありがたいです。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お気に入りの記事をシェアしてください

関連記事

GAMING MOUTHについて

最近の記事

人気の記事

お問い合わせ

PAGE TOP